ポケトーク JR西日本でも正式導入へ

JR西日本はポケトークの試験導入をしていましたが、2019年1月にポケトークの正式導入を決めたようです。

 

JR西日本は京都駅・嵯峨嵐山駅・新大阪駅・関西空港駅・西九条駅・新今宮駅・奈良駅・新神戸駅・三ノ宮駅・神戸駅・姫路駅に導入するということです。

 

上記の駅は外国人の利用者数が多いため、外国語での対応が多くなっています。

 

外国人スタッフを置いたり、外国語が話せる日本人を置いたりもしているようですが、できるだけ多くの駅員が外国人とのコミニケーションを取れるようするためにポケトークの導入を決めました。

 

今までは試験的にポケトークを導入していたのですが、実際に導入してみた結果翻訳精度も良く、外国人と円滑にコミニケーションを取れるということが分かったのでJR西日本は正式に導入を決めました。

 

JR西日本が正式導入を決めるというのは凄いことです。日本を代表する企業がポケトークの翻訳精度を認め、利用価値があるということを認識したのです。

 

今後ポケトークはあらゆる企業で利用されることが予想されますね。

 

ポケトークの使い方と翻訳精度はこちら>>

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ポケットトーク翻訳機の評判はそんなに悪いの?実際に使ってみた

ポケトークキャッシュバックキャンペーン 期間限定現金3000円が返ってくるお得な...

【さんま翻訳機】翻訳機最新ランキング!シェア9割の翻訳機ポケトークとは?

翻訳機ポケトーク赤がかっこよすぎる!数量限定発売開始!

ポケトーク 通信費 月額料金を公開!

台湾で翻訳機ポケトークを使ってきました《実体験レビュー ポケトークは使えない?》